新たに父親になった人たちへ「超」早寝早起き習慣のススメ

生活習慣

こどもが幼児期、幼少期なら
父親はその生活スタイルを早寝早起きに変えてしまいましょう。

それも「超」がつくほどに。

そうすれば
ご家族にとっても、
ご自身にとっても、
きっと良いことをもたらしてくれるはずです。

例えば

  • 十分な睡眠がとれる
  • 静かな自分の時間ができる
  • 優越感を感じられる
  • お子さまの成長する姿を見逃すことがない

いかがでしょうか。
とても嬉しい内容かと思います。

現在、私は朝4時起床。夜8時30分就寝の生活をしています。
以前は6時起床、0時就寝といういわゆる普通の起床–就寝サイクルでした。

しかし、今は「超」がつくほどの早寝早起き習慣が身についています。

これまで自分がこんな早寝早起きの生活を送れるとは
これっぽっちも思っていませんでした。

でも自分の人生は自分のもの、家族のものであるということを悟って
早寝早起きを実現しています。

そのきっかけを与えてくれたのは、息子くんです。
息子くんが幸福の生活スタイルを授けてくれたのです。

とても感謝しています。

そしてお子さまがいらっしゃるお父さん、特に小さいお子さまがいらっしゃるのであれば
超早寝早起きにすべきです。

どうしてなのか?

それをこれからお話ししたいと思います。

十分な睡眠がとれる

我が家では、息子くんが幼児期のときから、寝かしつけは父親である私の役目でした。
息子くんを寝かしつけると自分も眠くなってしまい、たいていは一緒に寝ていました。

息子くんが寝たのを寝たのを確認したあと妻が起こしてくれていたのですが、
一度眠りに入った体はスリープモードから脱せず、結局寝てしまっていました。

眠気を振り払おうとするのはとてもツラく、
仕事の後、1日の終わりにそれをすることもことも更なるツラさだったので、
いっそのこと息子くんと一緒に寝てしまうことにしたのが始まりでした。

息子くんが小学生になった今でも一緒に寝ています。

就寝時間は午後8時30分くらいを目指しています。

そして起床は午前4時。
早く寝るので、自然に早く目が覚めます。

夏でも外はまだ暗いほど超っ早ですが、
それでもしっかり7時間眠れているんです。

約10年こういうサイクルなので、今ではすっかり早寝早起き体質になっています。
紅白歌合戦すら見終わることができなくなってしまいました。
一部の友人からはおじいちゃん呼ばわりされてしまっています。。。

でもこの超早起き習慣は、私にとても合っていると感じています。
とても朝6時に起きて、夜12時、1時に寝る習慣には戻れません。

今のこの習慣にデメリットを考えてみようとしても、、、思いつかないからです。

このブログ記事も、早朝に書いています。
脳も体も一番力がある時間に、自分の活動に費やせています。

・つい夜更かししてしまい、寝不足が解消できない方
・夜中につい夜食やお菓子を食べてしまう方
・年齢による健康不安が出てきた方

こんな悩みを持っている方にとって早寝早起きは魔法です。
習慣化できれば悩みは吹き飛んでしまいます。

お子さまと一緒に就寝するだけで随分変われることができるんですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました