息子くんとおねしょ

おねしょ

皆さんは、お子さんがおねしょをしたら、どうしていますか?
叱ったりしますか? 

もし叱っているのであれば、今後は叱らないであげてください。
大人の器量であたたかく迎えてあげてください。

叱ったところで、お子さんは翌日もまたおねしょをしてしまうからです。

もちろん叱る気持ちも分かります

皆さんのお子さんは、何歳くらいまでおねしょしてましたか?
現在進行形ですか?

お母さんにとっては、大変ですよね。
パンツ、パジャマはもちろん、シーツだって洗濯しなきゃなりません。
たとえその日が雨だったとしても洗わなきゃいけないですからね。

シーツの下のマットレスだって濡れることもあるでしょう。
その日の夜には使うんですから乾かすのは簡単なことではありません。

そんなことになってしまうと分かれば、つい大声で叱ってしまうのも分かります。

でも、そこをグッと堪えて欲しいのです。
だって、叱っても意味がないからです。

それでもしちゃうんです

実は私、おねしょ太郎でした。
小学校高学年くらいまでおねしょをしてたのを覚えています。
今の息子くんと同じ学年くらいのときは、ほぼ毎日してたんじゃないでしょうか?

「また!?」
「一体(歳が)いくつだと思ってるの!?」
「おしっこしたくなったら起きれないの!?」

母によく怒鳴られたものです。

でも、しちゃうんです。
しちゃってるんです。

夜寝る前はしっかりおしっこしてから寝てました。
トイレに行ったばかりでも、寝床に行くときはまたトイレで絞り出してたものです。
晩ごはんから水分を摂る量を意図的に少なくだってしていました。

それでもおねしょしちゃうんです。

私だって、したくてしてるんじゃありません。
やめれるものならやめたかったです。

布団に入りながら寝るのが怖いと感じてたのを思い出します。

自分を責めるばかりでした

自分のことがとても情けなく感じていました。
自分をダメな人間だと考えていました。

このままおねしょをやめられなかったらどうしよう? 
本気で将来に不安を感じていました。

自分を否定していました。
自分に自信を持つことなんてできませんでした。

そこに追い討ちをかけるように親から

「何でやめられないの?」

と言われても、分かるはずがありません。
この問題をどう解決できるのか分からないので、
自分で自分を責めるしかないんです。

今でこそ笑い話にできますが、当時は深刻な思いでした。

器量の見せどころ

先日、息子くんが朝早く起きてきたと思ったら

「もらしちゃった」

と一言。
息子くん、現在小学3年生ですが、時々しますね。

私はおねしょしたことで息子くんを決して叱りません。

息子くんは、寝る前にちゃんとトイレに行っていますし、
できることはちゃんとやっているからです。

おねしょをしちゃった子どもの気持ちが、痛いほど分かる私は

「そっかぁ、しちゃったかぁ」

と笑顔で迎えています。


誰かに迷惑をかけているわけじゃないですし。
そんなことくらいで、自信をなくしてほしくないんです。

たいてい、大きくなればいつの間にか治ってるはずですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました