息子くんとパパの料理

料理

パートナーと一緒に生活している男性の皆さま、
ご家庭を持っている男性の皆さま、

声を大にして言います。

あなた方にとって料理力は必須スキルです!

地球の平和を守るために身につけなければならない技術と言えます。

料理力をつけるとどうなるかというと、

  • 共働きの男女が料理スキルを持ってると、双方の負担が和らぎます。
  • 友人を家に招くのもハードルが低くなります。
  • 世の中の動きや物価に敏感になります。
  • 食材を無駄にしなくなるので地球の将来に貢献できます。
  • 料理ができる父親は子どもに尊敬されます。
  • 家庭における父親の理想像を子どもに行動で示すことができます。

料理ができるようになると良いことづくめです。
デメリットは何もありません。

スマホでSNSを眺めてるくらいなら
ぜひ料理に挑戦してみましょう!

週末シェフ始めました

料理はたまにはしますが、得意なわけではありません。
でも自分の作った料理で家族が喜んでくれると嬉しいですね。

それと同時に、普段の生活で父親が料理ができるということの大切さを実感します。

そうです。
パートナーと一緒に暮らし始める前に、お子さまが生まれる前に
ぜひ男子は料理ができるようになっておきましょう。
そうすると幸せな家庭を築くことができます。

料理しようと思い立ったきっかけ

料理はたまにしかやってないと言いましたが、
それでも料理をするたびに、妻の日々の苦労を痛感します。

まずは献立。

「今日の晩ごはんは何にしよう…」

コロナ禍は二人ともテレワークだったので、
目の前にいる妻の悩みというか、つぶやきをずっと聞いてきました。

夫婦二人ならどうにでもできるんでしょうけど、
息子くんの栄養や、好き嫌いのことを考えなくてはいけません。
献立の選択肢は狭まっていってなかなか難しい課題です。


これが日々、3回あります。
時間も待ってくれません。
妻に任せきりにしないで一緒に頭を悩ませてきました。

些細なことなのかもしれませんが、チリも積もれば…です。

実際料理をするのは基本的に妻です。
そのことに不満は言いませんが、明らかに疲れている時はあります。

目の前で疲労を感じている妻を見ていると
これは何とかせねば! とりあえず週末だけですが、料理担当を買って出ることにしました。

これが、週末シェフを始めるきっかけです。

とはいえ、いま作れる物は限定的です。
カレー、ラーメン、スパゲティ…

作るのもそこまで難しくない、一品物です。

妻は楽ができたと感謝してくれます。
いやいや、そんな物しか作れなくてすみません… という気持ちでいっぱいです。
そんなレパートリーしかなかったら連日料理することもできませんから…

以前からもっと料理ができるようになりたいという気持ちだけはあったのですが、
なかなか行動に移せず今日まできました。

そして、ようやく、行動できたのが今週末のことでした。

いざ作ろうとすると

土曜日。
さて何を作ろうか。

「今後妻の代わりに、冷蔵庫にあるもので晩ごはんを作れるようになること」

これを目標にレシピ本をペラペラめくっていました。

それでもなかなか決まりません。
ちょっと見方を変えて考えてみました。

いきなり毎日料理をするわけじゃないし、上手にできないこともたくさんあるはず。
そもそも妻に楽をさせることが目的なので、あまり考え過ぎずに台所に立つことから始めよう、と。
なので「自分の食べたいおかず」を作ろう、と思い至りました。

そして、先週末の献立は青椒肉絲に決定。
某レトルトを使ってじゃなく、最初から全部自分で。

もう一品が難しい

でもそれ一品じゃ足りないな。
もう一品作らなきゃ。

でもこの「もう一品」が難しいですね。

一品目も初めて作るので、初物が2つにならない方がいいなと思いましたが、
そうなるとかなり選択肢が狭まります。

数ある料理レシピのサイトにおすすめの副菜を紹介してるものもあるんですけど、
結局羅列だけなので選ぶ苦労はかわりません。

例えばメインのおかずを選んだら、それに合う副菜を提案してくれたりすると助かるんですけどね。
ズボラ過ぎますか?

でも、こういうことも自分で料理をするようになって初めて分かることでした。

いろいろレシピを徘徊して、やっと見つけた簡単レシピのメニュー。

【レンチン6分で完成】ジャーマンポテト風*皮付きじゃがいものコンソメ蒸し
 10/29に新刊発売しました。よろしくお願いします!Amazon⬇️ 楽天ブックス⬇️ +++++++++++++++++++++++++++++いつもありがとうございます!今日はあっという間に出来てめっちゃ美味しい、ジャーマンポテト風のじゃがいもレシピ。皮付きのままなので香ばしくて美味しい。...

レンチンだけなので、初物が2つでも慌てずにできそうです。

この2つなら息子くんのお腹も充分満たしてくれるでしょう。
あとはちゃんと作るだけ。

料理時間予定なんて大幅に過ぎながらも、なんとか完成。

完成予想図とは違って、見かけはいまいち美味しそうじゃない…。
それでも息子くんと妻からは「美味しい!」をいただきました。



半信半疑のまま自分でも味見。
程良い味付けで思ったよりも良い出来上がり♪

ほっと胸を撫で下ろして、一安心。
楽しい晩ごはんになりました。
息子くんはごはんを4杯もおかわりしてました。(驚)

料理は必須スキル

料理を作るって、改めて大変だと分かりました。
作る時間だけじゃなくて、献立を決めるのも一苦労。
買い物や、後片付けも全部ひっくるめて料理ってことが分かりました。

あと個人的なことで言えば、レシピには書かれていない行間で悩まされます。
砂糖や塩の「適量」や、「野菜がしんなりしてきたら〜」みたいなところですね。

そういうところも含めて料理上手になるには、経験値を高めるしか方法はありませんね。

だからこそ、なのですが、
これから彼女と一緒に暮らそうと考えてる男性陣、
また結婚を考えてる男性陣に声を大にして言いたいです。


料理はモノにしておきましょう!

そして、女性の皆さまは、
これから一つ屋根の下で一緒に暮らすパートナーが料理ができるかどうかを、
今後の円満な生活を占う上での判断材料に入れると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました