幸せな家庭をつくるには父親が料理を作るにかぎります

料理

世の中すべての父親のみなさまにお尋ねします。

料理、できますか?

 

もし、料理ができるのであれば、
その能力を是非奥さまとお子さまのために普段から生かしてください。

またあなたが、今までちゃんとした料理はしたことないけど、
料理を学ぶことに前向きな方であれば、是非行動に移しましょう。

料理ができる旦那さまは、父も重宝される人材として
奥さま、お子さまから尊敬の眼差しで見られるはずです。

 

料理以外の家事はやろうと思えばできるのです

 

家事といえば、掃除、洗濯、食器洗い、などなど。
料理以外にもたくさんあります。

しかしその中でも掃除や洗濯は、旦那さまがやりやすい方です。

 

なぜか?

それは

やろうと思えばできるから。

 

そうすればいいのかイメージしやすいですよね。

 

掃除は

  • 掃除機をかける
  • 雑巾で拭く

これでだいたいが完了します。

いくら普段掃除をしない旦那さまでも、
掃除機のかけ方を知らないという方はいないでしょう。

掃除をすると明らかにキレイになるので、
成果が分かりやすいというのもとっつきやすい点です。

 

洗濯もほとんどのことを洗濯機がしてくれます。
漂白剤、柔軟剤の役割と使い方を学べば問題ないでしょう。

 

食器洗いは、まぁできるでしょう。

 

あらためて考えると、旦那さまが家事を行うためのハードルはまったく高くないのです。

 

料理は思いつきではできないからこそ尊敬される

しかし、料理だけはそうはいきません。

なぜなら、料理には技術が必要だから。
ついでに言えば、経験も物を言います。



食べる専門の人は、
目の前にあるおかずにどんな食材が使われていて、
どう調理されいるかなんてことは分からないものです。

分かるのはせいぜい炒めているのか、煮てあるのか、くらいでしょう。
それはもちろん食べる側はそれが美味しいかどうかだけが重要だからです。

 

お米を炊く前にお米を研ぐのは知ってるでしょう。
でも、どれくらい研ぐのか? 水は何度替えればいいのか? なんてことは知りません。

これは牛肉? 豚肉?
ヒレ肉ってどの部位? どんな特徴があるの?

強火? 中火? 弱火?

適量って、具体的にどれくらい?

 

料理は他の家事ほど具体的なイメージが持てません。
いざやってみるとその時初めて「これって…?」と思うことが多い。

他の家事とは明らかに一線を画しています。

だから料理ができる旦那さまは尊敬されるのです。

 

毎日料理をする苦労

料理は放っておいても出てくるものではありません。
1日3食、必ず誰かが作っています。

 

料理を作る人のサイクルは、まず朝起きてすぐに朝食の支度。
家族の出発の時間に合わせて準備しなきゃならないので遅刻厳禁。
眠くても、体調が悪くても、誰かが変わってくれることもありません。

食事が終わったら食器洗い、ごみ出し、掃除など。

あっという間にお昼ごはんの時間。

一人なら簡単に済ませますが、誰かがいればやっぱり作ります。

夕方になればスーパーへ買い物。
それまでの間は休んだり、他のことをしながらも夕飯の献立を考えてます。

夕飯はこれにしようと考えたメニューと、
その日スーパーに出ている食材を見て、献立を再編。

翌日の朝食に必要なパンや卵も買い忘れないように。

 

買い物から帰ってきたら早速夕飯作り開始。
複数の品を並行で作ることも当たり前。
出来上がりの時間を逆算しながら粛々と進めます。

 

「ごはんできたよ〜」のかけ声を合図に
お腹を空かせた猛獣たちが生きるか死ぬかを争うかのように貪ります。

味も考え、時間もかけて作った料理が秒殺されます。

食後は洗い物。
晩ごはんはお皿も多いし、油も多いし、料理に使った鍋も多いです。

 

料理を作っていると分かりますが、
1日中ずっと献立について考えてます。

  • 昨日はあれを食べたから、今日は…
  • 今日の給食はこれが出たから、夕飯は…
  • 冷蔵庫にアレが残ってるから、これともう一品は…

他のことをしていても、バックグラウンドで吟味は続いてるんですよね。
毎日こんな状態なら簡単に疲弊してしまいます。

 

幸せな家庭のために料理に挑戦しましょう

週末だけでも料理担当になってみてはいかがでしょうか?

家庭内で料理を担当する人が一人しかいないとなると大きい負担がかかってしまいます。
旦那さまもお仕事でお忙しいとは思いますので、
とっかかりはご夫婦揃って時間がとれる週末を挑戦する日にしてみるのがおすすめです。

奥様に教わるも良し。
レシピを見て作って奥様にサプライズするも良し。

旦那さまが立ち上がれば家庭の幸福度がアップすること間違いありません。

 

「今日はボクがごはんを作るよ」

なんて言われたら、奥さまは神が降臨したかのように感動するに違いありません。

 

そしてお子さまは、両親が協力して家事を行う姿を見て育ちます。
将来家庭を持った時に、理想とする夫婦像としてインプットされるのではないでしょうか。

旦那さまが料理に挑戦するのは良いことづくめだと思いませんか。

 

やってみると相手の反応が気になります

では早速料理教室へ… とは言いません。

まずは台所に立ってみてください。

 

最初はラーメンでも、カレーでも。
比較的簡単な料理から挑戦するってことで良いでしょう。

作る、食べてもらう、片付ける。
ここからやってみましょう。

 

自分が作った料理を食べてもらうって、
思った以上に相手の反応が気になるものです。

まるでラブレターの返事を待つかのように気になります。

好反応なら天にも昇る心地に、
不評ならかなり気落ちします。

もともと料理はやったことがなかったとしても
やっぱり頑張って作った料理が相手の舌に合わないと分かると
落ち込むものです。

これが不思議なところです。

 

旦那さま、に限らずパートナーと一緒に住まれている方に声を大にして言いたい。

料理は必須スキルです。

スマホでSNSを眺めてる時間があったら、
一度台所に立ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました