好きなテーマならこどもは文字だけの本も読みます

読書

こどもがマンガばかり読んでいると

『うちの子は絵がないと本が読めなくなってしまうんじゃないか…』

そんなことを不安に思う人もいらっしゃるかと思います。

というか、そんな不安を感じているのは我が家です。

決してマンガを読んじゃダメだということではなく、
小説のような文字だけの本も同じくらい読んでもらいたい。。。

息子くんの年齢を考えるとそういうことも頭によぎります。

危機感

小学生になると同時にドラえもんに目覚めた息子くん。
手に入れたマンガを繰り返し繰り返し読んでいます。

でも読書が好きかというとあまりそうでもありません。
家庭用学習教材にある読み物はほぼ読まないし、
毎日出る国語の教科書の音読もパパッと終わらせたがります。

でもマンガは違います。
マンガを読んでる時の集中力といったら、1日の中で最も高いんじゃないでしょうか。

息子くんのそんな姿を見て、妻が不安に…

「文字だけの本が読めなくなっちゃうんじゃ…」

そこで妻は息子くんに、伝統的な名作を小学生向けに編集し直した本や、
夏休みの宿題に出た学校図書、名作の短編集などを買い与えました。

結果は… 惨敗。

息子くんのモチベーションがまったくありませんでしたし、
本当に読んでるのか分からないくらい読み終えるのが早かった。

どんなお話だったか尋ねてみても、よく分かってない。

挙句の果てに

「ママの言う通りにしたから、ドラえもん読んでもいいよね?」

という始末。

明らかに惨敗でした。

このまま文字だけの本を読めないまま育ってしまうんでしょうか。

再チャレンジ

しかし妻は諦めません。
自分で選んでいいから、この冬休み中に本を読もうと息子くんを説得。
息子くんも渋々受け入れて、いざ本屋へ。

大きな書店だったので、必ず息子くんが興味を持つ本があるはずと乗り込みました。
しかし、息子くんは何冊か本を手に取ってさわりを読んでみるも、なかなかきまりません。

いくつか提案してみましたが、それにもイマイチな反応。

ドラえもんの映画の小説がいいと言い始め、
さすがに妻も少々イライラきてました。

そんな二人をよそ目に、なんかいい本はないかと見ていると
息子くんが愛して止まない電車がテーマの本があるではないですか。

挿絵はあるけど最小限。
マンガや絵本とはまったく違って小説です。

これはどう? と息子くんに勧めてみたところ、
やはり電車は見逃せないようで、読み始めました。

しばらく放っておいてからまた見てみるとまだ読んでます。

この時に、いけそうかなと思いました。

一区切りつくまで読んで、元気な声で

「これがいい!」

ようやく決まりました。

結論

好きなものなら、ちょっとくらいの障害は乗り越えられるということですね。
電車がテーマの本があって(それもたくさん)我が家にとっては本当によかったです。

妻としては、自分が子供の頃に読んだ世界の名作を読んでほしかったようなのですが、
押し付けになると結局読まないから興味のあるものからでいいんじゃないか、
ということになりました。

家に帰ってきたら息子くんは早速読み始めました。
静かに、集中して読んでいました。

身近な路線が出てくる内容も興味をひいた理由かもしれません。

今回購入した本はシリーズ化されていて、これまでに20巻ほど出ているようで、
息子くんは今後も文字だけの本を読み続けてくれそうです。

息子くんに文字だけの本を読んでもらう今回の試みは大成功だったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました